Iラインがなんで脱毛の効果が出にくいのか?

2013-08-20

Iラインに限らず、黒ずみが多い部位は脱毛の効果が分かりにくいと言われています。
また、サロンによっては日焼けして色が濃くなった場合、肌色が黒い場合はお断りしているお店も。

その原理は(肌の色と脱毛の効果)で、詳しく説明してあります。

では、黒ずみはどうやって出来るのか?

よく言われているのが

摩擦です!

Iラインならパンツの摩擦。歩くときの摩擦。走る時の摩擦。自転車に乗るときの摩擦。性行為による摩擦が原因ではないでしょうか。
乳首も同じく、いじりすぎると黒くなる! なんて聞いた事があるかもしれませんが、
まさしくその通りです。

ヒザ小僧が黒ずみやすいのも、雑巾がけや運動によって摩擦がおきやすいため
黒ずんでしまします。

日焼けは一時的に黒くなるのに対して、摩擦による黒ずみは中々消えてはくれません。

予防としては、摩擦を起こさない事!

例えばIラインであるなら、パンツをナイロンや化学繊維を辞めて、綿100%の下着に替えることです。
シルク(絹)素材も◎。

パンツだけでなく、着る洋服は綿や絹を選ぶようにしましょう。

また、ボディマッサージですが、
クリームをケチってマッサージすると摩擦がおきますので、マッサージの際はクリームはたっぷりめに使用する事。
オイル系などで滑りやすくするのも◎。


カミソリで処理した場合も同様、皮膚と刃の間に摩擦が生じ黒ずみの原因に繋がる可能性があるので、カミソリで処理する場合は
沢山のクリームを塗って摩擦を減らしましょう。

こういった工夫で、摩擦による黒ずみをケア。

 

>>TOPに戻る


Pocket

ページ上部に戻る